*

『ツイキャス配信』やってみて感じた難しさと楽しさ

2019年2月4日

スポンサーリンク

どうもクロエです。

自分は最近は行っていないんですが、ヒトカラが好きツイキャスやっていたんですけど、

その時に感じたことを書いていこうかと思います。

ツイキャスとは

ツイキャスとは簡単に言うなら、生放送を

音声のみ動画+音声など、好みに分けて放送できるサービスですね。

基本的に、ニコ生などと同じと考えてもらえれば分かりやすいかと思います。

ツイキャスと始めたきっかけ

ツイキャスを始めたきっかけは上に書いた通り、ヒトカラが好きで、

それを聴いてもらえる人が欲しかったからですね。

 

ただどうしてツイキャスを選んだのかというと、設定が他のように難しくなく、

単純だったからです。

 

ツイキャスのアプリをダウンロードして、Twitterのアカウントを使う事で、

気軽に放送が出来てしまいます。

 

 

生放送なら他にもニコ生もありますが、どうしてニコ生にはしなかったのか。

それは、簡単に放送がやりやすい以外だと、怖い事がありました。

 

ツイキャスだとコメントが優しそうだけど、ニコ生だとコメントが容赦なく悪口見たいなって、

完全な偏見なんですけどね(笑)

ツイキャスの放送に全く人が来ない

まあ当たり前ですが、知らない面白くもないヒトカラ放送に来てくれる人なんて、

いるはずも無いですよね(笑)

そんな感じで、全く人が来ませんでした。

 

ツイキャスの放送はしているけど、人は実際に一人も来ていないので、

結局はいつもと同じヒトカラと変わりませんでした。

 

むしろ、人が来ても歌い始めた瞬間にいなくなるので、

ヒトカラより歌うモチベ無くなりましたね(笑)

ツイキャスの難しく感じた事

何回か放送していると、偶にコメントを残してくれたりするのですが、

何て話せば良いのかが分からない。

そして携帯に話している自分が、恥ずかしくなってしまう。

 

多分この問題に関しては、生放送をやり始めた人なら、誰でも経験することだと思います。

ニコ生だと「初見さんいらっしゃいだけど、ツイキャスだとなんて言うの?

とか、色々悩んだりしましたね。

 

携帯に一人で、初見さんとか話している自分が冷静になってみると、物凄く恥ずかしい。

これに関しても、実際の所経験を積んでいかないと、乗り越えられない壁だと思います。

これをやり続けているニコ生主さんとかは、さすがのトーク力で面白いですね。

 

あとは音量とかに関しては、どれくらいの声で話せば良いのかわからなくなり、

純粋に手探りで話してましたね(笑)

 

慣れている生主とかだと、「音量大丈夫?」とか言えるんですが、

初めてだとテンパりすぎて、それすらできないという・・・。

ツイキャスの良い所

ただ結局のところ、コメントを貰えると嬉しくなる。

これに関しては、ニコ生でも一緒だと思います。

 

ヒトカラをしていて「上手いですね」とか「88888」をしてもらえると、

純粋にモチベが上がります。

 

あとは放送にずっといてもらえることですかね。

自分は言ってしまえば素人、素人の放送に30分もいてくれるなんて、嬉しさ以外ありません。

逆にこんな放送に30分も時間を無駄にしてと、申し訳なささえ思えてきます。

 

あとは、リクエストをしてくれるですかね。

こんな素人の自分に、コメントでリクエストをしてくれるなんてって、、、

何か謙虚すぎてきもいですかね(苦笑)

 

ただ実際の所、素人の自分にも聞いてもらえる人がいる。

それは、純粋に歌おうとするモチベになります。

だからこそ、これはヒトカラにはないツイキャスヒトカラの良い所だと思いますね。

まとめ

生放送は緊張するけど楽しい

コメントを貰えると、それが歌うモチベになる

こんな感じですかね。

 

結構ツイキャスの良い所というよりも、生放送の良い所になってしまいましたが、

コメントを貰えると純粋にうれしいですね。

 

ヒトカラをやっていて、違う楽しみ方をしたいなとか思ったとき、

ツイキャスはおすすめですね。

 

そんな感じで、おしまい。

雑記

Posted by クロエ


PAGE TOP