*

ふわっちの広告がうざすぎる、そもそもふわっちって一体何なの?

2018年7月11日

スポンサーリンク

どうもクロエです。

今日は実際にはやった事ないですが、ふわっちについて書いていこうかと思います。

ふわっちとは

知らない方も多いと思うので、実際にどんなものなのか紹介すると、

まず生放送配信アプリで、見てくれる視聴者が投げてくれるアイテムなど、

見に来てくれた視聴者さんが多いほど、お金になるというシステムです。

 

つまりYouTubeなどの動画再生回数などの広告収入でお金を稼ぐ感じではなく、

生放送で人気になり、人を多く集められたらお金になるという感じですかね。

ふわっちの紹介はこれくらいで、問題点に移ります。

広告のせいで入りづらい

どういうことかと言いますと、YouTubeであまりにも広告に使われすぎているせいで、

ふわっちに対して良い印象を抱く人が少ないという事。

YouTubeからふわっちになる視聴者の人は、ほぼ80%アンチだと思います。

 

理由としては、それくらいふわっちの広告がうざいという事です。

ふわっちの広告がうざい=ふわっちのやってる奴もうざい

こんな考え方になっても、おかしくはありません。

 

そしてそんな人達は、間違いなくアンチコメを残す筈。

という事で、ふわっちには入りづらいという感じですね。

とまあここまでは、あくまで推測。

実際にはどうなの?

さて実際にふわっちの生放送を見てきた感じだと、

ツイキャスとさほど変わらないという感じですかね。

 

生放送の動画の上に、今いる視聴者の数が表示されて、

お金という名のアイテムを投げられる感じです。

 

アンチコメだらけなのでは無いかと思いましたが、ツイキャスの放送とあまり変わらず、

アンチコメも特にないという。。。

じゃあ次。

スポンサーリンク

YouTubeの広告で紹介

実際ふわっち自体のアプリが荒れている様子はなかったので、

問題はここにあるんじゃないかと思います。

YouTubeで紹介されることで、知名度は劇的に上がりますが、それよりもうざいが勝ちます。

 

好きなYouTuberの動画を開こうとする度に、広告でふわっちの知らない配信者が、

会社辞めてふわっちをやり始めたとか口にしている。

それが何回も続いたら、段々苛立ちを覚えるはず。

 

正直tik tokのテト君の時も感じたんですが、確かにかっこいいんですよ。

ただ正直、

「俺が見たいのはお前じゃない」

悲しいけど、これが勝つよね。

 

それでは、最後。

ふわっちは黒歴史製造アプリなのか?

実際の所、tik tokとは違い、配信することで人気になると、お金を貰う事も出来るので、

そこまで黒歴史では無いとは思います。

 

YouTubeで紹介されることも全て悪い事ではなく、アンチの言葉に負けないで、

配信をやり続ければお金にもなるので、ブラスという考え方も出来ますね。

じゃあ、そんな感じでまとめ。

まとめ

ふわっちは自己満アプリではない

お金にはなるので、黒歴史とは言いづらい

こんな感じですかね。

 

正直な話、人からどれだけ馬鹿にされようと、それを見て楽しんでくれる視聴者がいて、

お金にできるのなら、黒歴史では無いと思います。

まあ、tik tokと同じでうざいのはうざいですけどね。。。

 

てな感じでふわっちの広告はうざいけど、tik tokよりは使い道はあり、というのが結論。

暇な人は、是非こちらの記事も見てください。

じゃあ、おしまい。

雑記

Posted by クロエ


PAGE TOP