*

『YouTuber』定義とはなにか? 職業が何かを考えてみると見えてくる

2019年2月6日

スポンサーリンク

どうもクロエです。

youtuberの定義って色々挙げられていますが、実際どのあたりからyoutuberなのか、

書いていこうかなと思います。

youtubeだけで生活できたらyoutuber

人によってyoutuebrの捉え方ってそれぞれ違いますが、結局の所これだと思います。

テレビやメディアなど見てもらったら分かりますが、youtuberという職業を紹介するときに、

まず紹介するのは年収だと思います。

 

どれだけ稼いでいるのか、どんな風にして稼いでいるのか、

それが重点的にみられている気がします。

 

まあ実際の所、YouTuberの人達がどれだけ稼いでいるのか、

気になるところではありますからね。

スポンサーリンク

YouTuberと呼べないけど、稼げるやり方

それが、違法アップロード

テレビや、アニメの映画などを違法にアップロードして、

それをYouTubeなどにアップロードなどして稼ぐやり方ですね。

 

これに関して、日本の方は少なく海外の方が良くやられていますが、

YouTubeからの著作権侵害で消されたとしても、何度でも蘇ります。

まるで、ゴキブリのようですね。

 

再生数などに関しても、基本的に万は普通に超えており、

普通にYouTuberとして活動するより、稼げるのではないでしょうか?

 

なのでYouTuber=YouTubeで生活できると位置付けてしまうと、

これも必然的に含まれてしまうので、難しい所。

 

あと、YouTubeに収益が付いてから、違法アップロードなども増えて気がしますけど、

何というか結局の所、お金なんですかね?

どうして定義づけになったのか?

最後に、どうしてYouTuberがどこからYouTuberなんて、定義が出来たのか?

それは、犯罪が増えたのが大きいのではないでしょうか?

 

おでんつんつん男チェーンソー襲撃男など,

こうした過激な動画を投稿する人が増えたので、

YouTuberはどこからなのかという、定義が出来たのではないかと思います。

 

あとは世間一般からの認知度が増えて、

テレビなどに露出する機会が増えたなども、関係があると思います。

 

昔なら職業を聞かれて、YouTuberと答えると、理解されませんでしたが、

今だと普通に理解されますからね。

まとめ

YouTubeで生活できるのがYouTuberの第一条件

モラルに反しない

実際の所、職業というくらいなので、生活できない人が名乗るのは、どうなのかなと思います。

 

特にチェーンソー襲撃男の場合は、

襲撃した場所で、YouTuber舐めんなよとか口にしたことで、

YouTuberのイメージも下がりましたね。

 

YouTuberとしての定義は難しいですが、

もしかすれば、YouTuberと認められるのは、影響力を持つ事なのかもしれませんね。

そんな感じで、おしまい。

YouTuber

Posted by クロエ


PAGE TOP