*

『テレビ』衰退してしまった原因は、規制が厳しくなった事,YouTuberの増加

2019年2月6日

どうもクロエです。

今日はテレビがどうして衰退してしまったのかを、書いていこうかなと思います。

スポンサーリンク

時代の変化と共にネット社会になっていったから

まずは、これですかね。

 

10年くらい前までは、スマホというもの自体が無く、

インターネットを気軽に見れるコンテンツが無い為、テレビを見ている人が多かったですが、

スマホが当たり前になってしまった今、若者のテレビ離れが始まったんだと思います。

 

ニュースなどもスマホを見れば気軽に見れますし、

一々テレビで、ニュースを見る必要性も無いですしね。

テレビとスマホの大きな差

テレビの場合は、持ち運びながら見ることが出来ませんが、

スマホの場合は持ち運びながら見ることが出来る、これも1つの原因だと思います。

 

会社などで仕事をして疲れた後、一々帰ってきてテレビをつける事なんてせずに、

寝てしまうと思います。

テレビがついていたら見るけど、ついていなければ見ない。

こんな感じです。

 

つまりテレビなども気軽に見れないから見ないだけで、

もしスマホの様な端末で見ることが出来れば、見ていると思います。

 

その証拠に、よくYouTubeなどで違法アップされているテレビ番組などの再生数などが、

かなり多いですしね。

なんなら、違法アップされた動画が、急上昇になるなんて事もありますしね。

 

つまりテレビ自体が、時代の変化に対応しきれず、衰退してしまったんだと思います。

スポンサーリンク

YouTuberの増加

テレビが衰退してしまったもう一つの原因がこれ。

 

昔なら、YouTuberなんて言葉自体が存在しなかったので、

数はそんなにいなかったですが、

YouTuberが世間に認知されるようになり、一気に増えました。

 

それに伴い、YouTuberの面白さも昔より格段に質が上がった気がします。

YouTuberの場合はテレビとは違い、規制自体が無いので、

自分の最大限の面白さを視聴者に伝えることが出来ますしね。

 

その事はキングコングの梶原さんが、ヒカルさんのチャンネルの動画で話していました。

テレビでは1割くらい自分の面白さが出せればいいけど、

YouTubeでは、8割の最大限に近い自分の面白さが出せるみたいです。

ただテレビのタレントが全てYouTubeに来たら面白くなるのかと言われれば、

そうではなく、当然失敗している人もいます。

それが、BEですね。

顔を見たら誰か分かると思いますが、面白くしようとするけど逆に空回ってしまい、

空気自体が寒いような最悪の事態になっています。

 

BEさんの場合は、変にYouTuberの真似事みたいな事をしようとはせずに

過去のプロ野球選手たちとお酒を酌み交わして、ガチトークしてみた

みたいな感じにすれば、普通に再生数が伸びて、高評価も沢山つきそうなんですけどね。

まとめ

テレビが衰退したのは、時代の変化についていけなかった

YouTuberの増加が原因

気軽に見れてしまう、YouTuberの人数が増えた事で、

一気に若者がテレビから離れてしまった。

それが、テレビが衰退してしまった原因と自分は考えます。

 

そんな感じで、おしまい。

雑記

Posted by クロエ


PAGE TOP