*

スママジサービス終了から学ぶ、ゲームアプリが終了する理由

2019年2月6日

スポンサーリンク

どうもクロエです。

スママジがサービス終了が、今年の10月31日に決まりましたね。

今年の7月からリセマラをして始めたので、複雑な気持ちだったりします。

 

という事で、今回はどんなアプリがサービス終了になっているのか、

書いていこうかなと思います。

 

あくまで自分がやってきたアプリなので、全てのアプリがこうなるとは限らないので、

悪しからず。

アクティブユーザーが極端に少ない

まずこれですね。

スママジもこれに当てはまると思いますが、協力のランダムマッチングなどをしても、

人が居なさ過ぎて、始められないことが多々ありました。

 

これに関して、どれくらい少ないのかは、白猫をプレイしてみると分かるかと思います。

あれだけオワコンと言われているのにも関わらず、イベントなどの協力をすれば、

一瞬で人が集まりますしね。

まあ白猫に関しても、竜テトラが出た時ほど、アクティブさは無くなりましたけどね。

 

なのでアクティブユーザーが極端に少ないのは、危険なのかなと感じます。

知名度が無く、特定のファンなどがいないアプリ

知名度ありと言えば、Fateなどまどか☆マギカなどですかね。

やはりそう言った知名度の高い作品などを、アプリにしたのは強いです。

 

アップストアのランキングなどでも、

アルティメットまどかが登場した時は1位まで上がりましたし、

FGOに至っては、常に1位を取っていたりします。

 

マギレコやFGOのアプリが、もし他のキャラだった場合、

ここまで爆発的な人気は出なかったと思います。

可愛いキャラなどが、いないアプリ

これに関しては、自分が見てきた中だと1つしかないんですけど、

サムライライジングですね。

戦闘システムなど、無課金でも割と楽しめる作りなど、良い点はあったんですが、

絶望的にSDキャラが酷い。

 

SDの見た目的な感想としては、白猫のサービス開始時に排出されていた星4キャラという感じ。

白猫も今は可愛いSDキャラなど、イケメンのSDキャラなどが沢山いますが、

サービス開始直後は本当に酷かった。

 

実際やっていた時は、そこまで感じなかったですが、

今のキャラと比べるとSDの出来は、天と地ほどの差があると思います。

 

サムライライジングの場合は、SDの出来は変わらず性能だけが変わるキャラなので、

いつかは飽きられるよねって感じですね。

開発資金が無い,SDの出来の良いキャラを作れない,アクティブユーザー現象

まさに負の連鎖といった感じです。

インフレが酷いアプリ

キャラを強くするのは、新たに新規を獲得するのに必要不可欠な事。

ですが、それをやりすぎてしまうと、昔からの課金してくれていた人なども、

付いていけなくなり、結果として、サービス終了してしまいます。

 

例を挙げるなら、コードレジスタなどでしょうか?

最高レアをどんどん出したせいでユーザーが減ってしまい、

その結果、サービスが終了してしまいました。

 

これに関して、勿論インフレなどの原因もあるんですが、

メモデフなど上位互換の様なアプリが出た事が、一番大きいのではないかと感じてしまいます。

 

はっきり言って、インフレだけで言うなら、

白猫に至ってはもうサービス終了していても、おかしくないですからね。。。

正直白猫のインフレに関しては、どのアプリよりも進んでると感じます。

まとめ

廃課金ユーザーがいるだけで、サービス終了はしにくい

無課金でも楽しめるアプリが、決して良いとは限らない

 

この他にも、音ゲーなのにtouchの感覚が破滅的に悪いなど、

無課金でも全然楽しめるアプリなどもあります。

 

デスティニーナイツに関しては、ガチャに使う石などをかなり配るので、

課金の必要性が無く、それが少し心配になりますね。

面白いけど、アップストアのランキングは、300位圏内だしみたいな。

 

無課金でも楽しめる=課金必要性が無くサービス終了の可能性が高くなる。

なので、課金ユーザーをどうやって増やしていくのかなどの問題がありますね。

 

廃課金ユーザーに関しては、戦国炎舞のユーザーを見てもらえれば分かるかと思います。

3億を課金したユーザーとか、もう次元が違い過ぎます。

 

最後に、どんなアプリでも、サービス終了してしまうと、

残るのは使ったお金と後悔だけ。

なので、課金しても後悔しない程度にですね。

 

そんな感じで、おしまい。

 


PAGE TOP