*

『カジサックさん』成功した理由は何なのか?

2019年2月10日

今回はキングコングの梶原さんが、YouTuberのカジサックとして成功した理由を、

書いていこうかなと思います。

スポンサーリンク

大物YouTuberとのコラボ

まず1つ目にこちら。

最初はカジサックさんとしてではなく、

キングコングの梶原さんとしてラファエルさんとコラボして、

そのトーク力から、視聴者から関心が持たれたと思います。

 

芸人はトークが上手いのは当たり前ですけど、それを目の当たりにしたのが、

このコラボだったりします。

 

基本的にラファエルさんのスタンスは、どちらかというと相手に話させて、

自分は聞き役に徹して、相手の強みを引き上げるという感じですが、

それが上手く出ていたと思います。

 

何より梶原さんが主役のトークで進めていくので、見ていても普通に面白かったです。

テレビでもトークはありますが、中々自分主役で進めるという事は無いので、

見ていて新鮮で全く飽きなかったですね。

 

次にコラボしたのが、ヒカルさんです。

このコラボに関しては、トーク力とトーク力のぶつかり合いという感じで、芸人でもないのに、

ここまでトークが上手いなんてと、改めてヒカルさんに驚いたのを覚えています。

他にも沢山のYouTuberとコラボしていますが、主にこの2人から始まった感じですね。

で、大物YouTuberによってカジサックさんがまず手に入れたのが、

YouTuberとしての受け入れ。

 

YouTuberを見ている視聴者の大体が、テレビから来た人を好まない傾向にあります。

理由は、簡単に稼げると考えて入ってくる有名人などが多いからです。

主に、板東英二さんなどでしょうか?

 

そんな事もあり、結構批判されるんですが、

カジサックさんは大物YouTuberと先にコラボすることにより、

それを完全に無くしています。

むしろ自分の得意武器であるトーク力を最大限見せつけ、視聴者から明らかに好かれています。

 

そんな事もあり、カジサックさんはYouTuberとしての受け入れを、

見事に果たしたという感じです。

スポンサーリンク

視聴者の心を分かっているからこその成功

そして今現在も成功している理由が、これ。

 

板東英二さんの時も書きましたが、視聴者が求めているのは、

ゆで卵を呑気に食べている動画ではなく、

昔にバッテリーを組んで活躍した選手達との雑談動画など。

そんな視聴者の心は全く分からずに、板東英二さんは見事に失敗しました。

 

だけどカジサックさんの場合は、そんな視聴者の心がしっかりと分かっているのか。

テレビから干されてしまった堤下さんとのコラボから始まり、陣内さんとのコラボなど。

色々な芸人さんとコラボして、見事にチャンネル登録者を増やしています。

 

大物YouTuberとコラボして、最初の方はチャンネル登録者が一気に上がりますが、

大体の芸能人などは、そこで終わります。

 

だけどカジサックさんは違い、吉本のバックアップの元、色々な芸人とコラボして、

視聴者の求めていることをしっかりとやってくれるから、成功し続けているだと思います。

まとめ

YouTuberの武器は、自分が主役な事

カジサックさんが成功したのは、才能があったから

カジサックさん自身も言っていますが、テレビというのはYouTubeとは違い、

自分の力を2割くらいしか発揮できません。

単純にテレビの場合、色々なゲストに話を振って、進行させないといけませんからね。

 

だけどYouTubeの場合は、自分が主役で進行して、自分の力を最大限出せます。

なので、視聴者が求めている物自分自身が面白いか

その辺りがしっかりとしていれば、確実に成功します。

 

それをしっかりとYouTubeに示したのが、カジサックさんだと思います。

最初のブーストのように、登録者がどんどん増えてはいきませんが、

これから先間違いなく生き残るであろうYouTuberだと感じます。

 

なので、これから先のカジサックさんの快進撃に乞うご期待ですね。

そんな感じで、おしまい。

YouTuber

Posted by クロエ


PAGE TOP